コロナ状況下で裁縫にいそしむ

新年度が始まりましたが、私の姪や甥が通う小学校も未だ休校で、8日の再会予定も延期されるのではないかという状況です。そして今週何よりもショックだったのが喜劇王・志村けんさんの訃報です。


志村けんさんといえば、昭和48年生まれの私にとってはまさに聖子ちゃんやマッチと並ぶくらいのアイドルでした。土曜の夜8時には、大人気のコント&音楽番組「8時だヨ!全員集合」を欠かさず見ていたものです。


当時は夏季の土曜夜に本町商店街(現八町大路商店街)で夜市が行われており、私は

19:00 「まんが日本昔ばなし」を観る

19:30 「巨泉のクイズダービー」を観ずに猛ダッシュで夜市に行き猛ダッシュで帰宅する

20:00 「8時だヨ!全員集合」を観る

というかなりタイトなスケジュールをこなしていました。

冒険もののコントでは、テレビに向かって「しむら~!後ろ、後ろ!」と叫んでいたものです(←同年代には分かるはず)。 昭和50年代の子供時代にたくさん笑わせてくれた志村さんに感謝。ご冥福をお祈りします。 私とハンドメイド作家さんたちの取り組み

コロナが多方面で影響を及ぼしている中、私の運営している「ケレシュ雑貨部」でも貢献できることがある、ということに気づきました。それはお店に出店している作家さんにハンドメイドマスクを作っていただき、それを販売することです。


使い捨てマスクが不足する中で、この活動はお客さまにも好評で、現在は1枚600円~900円位で販売しています。どんなマスクなのか、少しご紹介します。


こちらは「清田帆布」さん↓

彼女の左手にあるのがマスクの一つ。カラーは白と薄黄色がメイン

当店のレンタルボックスで帆布を使用した雑貨を販売しています。 彼女の作るマスクは全て無地のガーゼマスクですが、内側にポケットがあり、10枚の不織布シート付。これをポケットに挟み込むと抗菌フィルターとしての効果がアップするそうです。ドラッグストアや病院、介護施設で働く方、教師など「派手なマスクはちょっと・・」という方に人気があります。


こちらは希少なアンティーク着物生地を使用した雑貨を販売している「川道商店」さん↓

彼女が作るマスクは浴衣生地を外側に、晒生地を内側に使用した肌触りのいい商品がメインで、綿生地を外側に使用するときもあります。特筆すべきは今大人気のコチラ↓

上品な柄も多く、楽しみながら選べます

「鬼滅の刃」デザイン!

知らない人もいるかと思いますが、今流行っている漫画「鬼滅の刃」の主人公の着物のデザインと同じ黒と緑の柄で、子供用も大人用も知っている人は即買いする人気のデザインです。写真にあるような素敵な浴衣柄も人気で、「せっかくマスクするならちょっとおしゃれなものを着けたい」という仕事がらみでない方に好まれます。


こちらは「fine fabric」さん↓

笑顔も商品も素敵な「fine fabric」さん

数日前から販売を開始したばかりの作家さんで、現在はマスクのみを納品していただいています。彼女のマスクは独創的なデザインが多く、こちらはリバーシブル↓

リバーシブル生地は片面は無地、片面は柄付きなので時と場所を考えて使用できる

こちらは可愛い刺繍のワン・アクセント付き↓

この刺繍は超かわいくておススメ

ちょっと他にはない可愛さと個性的なデザインが大人気で、納品初日に完売してしまいました。31日に第2弾を20枚ほど納品していただいたばかりなので、もうしばらくはあるかもしれませんが、興味のある方はお早めに来ていただいたほうがよさそうです。


臼杵ではどのドラッグストアもマスクの入荷が未定で、本当に皆さんが困っているため、当店では「とにかく欠品しない!」を目標に、作家さんと二人三脚で頑張っています。特に作家さんは原材料の入手に苦労し、毎晩睡眠不足になりながら製作しています。 もし当店にマスクを購入しに来られる方は、購入せずに見るだけでも結構ですので、これらの作家さんの「本業の(?)」作品たちも見学していってください。きっと喜ぶと思います。 *ケレシュ雑貨部のホームページはコチラ(地図有)→ケレシュ雑貨部 久々に裁縫をしてみる

移住してきてからは忙しすぎてまとまった時間が取れず、一つも作品が作れていないのですが、実は私もバッグやポーチといった布もの雑貨つくりをしているのです。

気合いを入れてマスクづくりに精を出す3作家さんたちを見ていると、私もフツフツと裁縫魂が出てきました。


今週作ったのがコチラ↓

裁縫好きには必ず必要なグッズ

針山です。 入れ物はノルウェーの老舗陶器会社「Figgjo(フォギオ)」のエッグカップ↓

やはり北欧デザインはヴィンテージでもイケてる

朝食などで半熟卵をのせる器です。商品は以前から入荷していたのですが、

「日本人の食卓にエッグカップは必要ないだろう」

という勝手な思いで、これだけを販売することはしませんでした。そしてずっと「針山にしたら可愛いだろうなぁ」と思っていたので、まさに気分が乗った今完成! 近々当店でも販売する予定です。


世界中のコロナ情勢があまりにも急でひっ迫しており、大分県でも感染者の増加から不要不急の外出自粛が県知事から出されました。今後本当に外出禁止などという事態が起きたら当然仕事もできなくなるわけで、その時は裁縫をして安定した精神を保とうと思っています。


とにかくワクチンなどが早く作られ、この状況が打開されるよう願ってやみません。

私もうがい、手洗い、マスク着用、必要時以外の外出の自粛を徹底していこうと思います。