臼杵市への移住者もうすぐ1000人!第1回移住者交流会「つながりみーてぃんぐ」

2015年度から始まった臼杵市の移住支援制度。職員の方々の努力や市民の協力の甲斐もあって、宝島社の発行する「田舎暮らしの本」で臼杵市は全国の市町村の群を抜き、ここ数年は「移住したい町」の若者部門やシニア部門などで上位をキープしています。


臼杵市に長年住んでいる市民の方は

「え!?臼杵に移住したい?・・またなんでこんな田舎に・・アンタ、奇特な方やなぁ」

という方が多いのですが、地元が臼杵の私でさえも首都圏での長い生活の後では、山の稜線の際立った色彩や夏の雨の後に山が煙る様子など、臼杵の美しさに感動することが多々あるのです。


そんな臼杵に魅了されて移住してきた人たちが、移住支援制度開始後、もうすぐ1000人を突破!

それを記念し、またこれまでに移住してきた方々との輪を広げるという意味合いも兼ねて、第1回移住者交流会「つながりみーてぃんぐ」が市浜地区コミュニティーセンターで開催されました。

会場入り口にかけられた「うすき暖簾」!欲しいけど残念ながら非売品

移住者が作った食べ物がてんこもり

臼杵市に移住してくる人の割合でかなり大きいのが野津町に移住して農業をする、というパターンの方々。以前のブログでご紹介したように臼杵市では有機農業を推進しており、土壌作りから市が関わって官民一体で安心安全な食物生産に力を注いでいます。そうやって作られた野菜が「ほんまもん野菜」。

もちろん、ほんまもん野菜の生産農家さんだけではなく、自然農など様々な農法で生産されている農家さんがいらっしゃるので、臼杵市では楽しみながら野菜選びができるのです。

第1回移住者交流会「つながりみーてぃんぐ」は参加費が500円。映画「種まく旅人」の舞台にもなった野津町の高橋製茶のお茶に加え、前述した農家さんが生産したお野菜たっぷりの豚汁やおにぎりを楽しむことができました↓


食べ物ブースには、同じく臼杵市に移住してきたパン屋さん「UEMURA BREAD」の食パンや、昨年私が参加した移住ツアーで農泊体験した「そよふく農園」のよもぎもちなど美味しそうなものがズラリと並び、会が始まる前にいろいろ購入してしまいました。

これだけいろいろな製品が揃うのだから、そのうち移住者が自己紹介も兼ねた「移住者マーケット」など町なかで開催してもいいのかもしれません。


パネルディスカッションに参加する

交流会は以下のような内容で約2時間。やっぱりここでも臼杵ならではの「お楽しみ抽選会」が!全員が開始時からこの抽選会の商品が何なのかワクワクしっぱなしです↓

中野市長も参加してお茶で乾杯!

パネルディスカッションでは私もパネラー(40代代表)ということで参加させていただきました。「臼杵で困っていること」について、「臼杵は車が必要な町だけど首都圏にずっといて車要らずな生活だった為、ペーパードライバーで困っている」といった緩い回答をしていたのですが、別のパネラーさんの中には「光が届かない」という切実な回答も。

司会の方が「田舎過ぎて街灯がない、ということでしょうか?」と返すと、中野市長も「なんとそれは一大事」という感じでちょっと前のめりになりメモを開始。しかし「光」というのは実はインターネットのことで、市役所の職員の方々もちょっぴり安堵。取材に来ていた臼杵ケーブルネットのカメラマンさんから「僕たちが頑張ります!」と力強い回答をいただきました。


お楽しみ抽選会に大人たちが大興奮

ディスカッション後はお待ちかね、臼杵市のイベントには付き物の抽選会。子供向け、大人向けイベントに関係なく多くのイベントに登場する企画です。

そして、今回の景品は「うすきの地もの」から↓

洒落たパンフレットも景品に同封。地元が大分県外という移住者がほとんどなので、年末年始のお土産のアイデアにもなります。

地元が臼杵の私でも知らない会社が結構あり、時代の移り変わりを実感しますが、私が抽選会で当てたのは誰もが知る臼杵煎餅↓

私の実家の近所には、昨年亡くなった名物ばあちゃんがいた後藤製菓の販売所(新町)があります。いただいた景品は、この後藤製菓さんが近年販売を開始した贈答用の上品な臼杵煎餅。「きなこx生姜」は3種類ある中でも私のお気に入りなので大満足でした。


私が子供の時はこの販売所のところに後藤製菓の古いおうちがあり、その向かいにあった銭湯「松竹湯」の風呂帰りに、夏は後藤製菓でアイスを、冬は温かい缶入りのミルクセーキを親に時折買ってもらっていました。名物ばあちゃんに「これも持って帰りよ」といつも臼杵煎餅をもらっていたのを、この景品をいただきふと思い出しました。


最後はまさかのダンスで締め

抽選会の最終商品は「かぼすブリ」。ここまでに景品が当たっていない方は固唾を飲んで自分の抽選番号を見つめていましたが、もちろん当選は1名のみ。全員に「うすきの地もの」は当たらなかったのですが、ハズレの方にも「ほんまもん野菜」のお土産が!みんながハッピーで終了した交流会でした。


最後は今回のMC「歌う仏壇屋しんいち」さん(写真左)が作曲した「すきすきうすき」を熱唱↓

ダンス教室「オフビートHIRO」の先生が「すきすきうすき」のダンスも指南↓

このアットホームな交流会、来年もまた行われると思いますが、どんな風にパワーアップしていくのか、そして新たな移住者の方との出会いも凄く楽しみです。


さて、今週末は大阪と東京で行われる移住フェアで臼杵市のブースも登場します。

地方移住を検討されている方は是非このフェアに参加してみてくださいね。


【関連サイト】

おおいた暮らし塾(大阪)12月14日の移住イベント詳細

おおいた暮らし塾(東京)12月15日の移住イベント詳細