待機児童ゼロシティ!臼杵のこども園を見に行こう(下南こども園編)

11/18(金)に行われる臼杵市役所主催のオンライン移住セミナーは、中学生以下のお子さん連れで移住を検討中の方には是非参加していただきたい移住イベント↓

「オンライン移住セミナーの詳細&申し込みページ」


前回はそのイベントの前段階情報として、私立の幼保連携型認定こども園「海辺こども園」をご紹介しました。今回は市立の「下南こども園」をレポートいたします。

下南こども園の外観

下南こども園の立地

前回紹介した海辺こども園は園舎の2階から臼杵湾が一望!という海好きには堪らない環境でしたが、今回ご紹介する下南こども園(以下、下南)は、山に囲まれた環境にあります。

青空の日には緑色の山々の稜線がくっきりと映え、都会では感じられない山の近さが魅力的です。

駐車場から見える山の風景が清々しい

位置的には臼杵ICから車で2分程度。国宝の臼杵石仏にもほど近い場所です。

この地域は、山を挟んで大分市の宮川内地区と繋がっていることから、大分市南部で働いている方が「臼杵で子育て大分で仕事」という風に考え移住する場所でもあります。


では、下南の特徴3つを挙げて園の様子をご紹介していきます。


下南こども園の特徴その1 「ピカピカ&広々」

私が運営する整体院のお客さまで、お子さんを下南に預けている方がいらっしゃるのですが、取材前に園について聞いてみると

「とにかく新しくてめちゃくちゃ綺麗です」

とのこと。それもそのはず、下南は旧舎の解体を機に新舎を高台に移転させました。2020年4月から新園舎での保育が始まったので、まだ築3年弱程度なのです。

園庭から注ぐ陽校で明るい園内

取材の際に園長先生に旧舎と比較してもらうと「比べ物にならないくらい広い」とおっしゃっていました。

園舎は木材を多く使用し、広さと共に清々しさが広がります。

特に年長さんが使用する食事室は入り口から緑の山々の風景が広がる圧巻の造り。大人なら食事より風景をいつまでも眺めてしまいそうです。


額縁絵画のような風景が広がる食事室

玄関にある靴箱の隣に図書コーナーが設置されている構造も面白く、金曜日には週末用の貸し出しも行っているとのこと。市立のこども図書館は市街地にあるので、こういうスペースが園内にあるのは便利ですよね。

お迎え時に親子で週末読書の本が選べるのは嬉しいシステム

また、園庭の広さにもビックリ。今年行われた運動会では400名の観覧を可能にしました。

開放感抜群の広い園庭

その理由はこの園庭の広さに加え、お隣の旧臼杵商業高校グラウンドを借りて使用できたことによるそうで、このコロナ禍でのイベントでは大きな特徴といえます。


下南こども園の特徴その2 「地域の方との様々な交流」

コロナ禍において下南では多くのアクティビティーをカットせざるを得ない状況になり、現在でもコロナ前の状況に戻すには難しい活動がたくさんあります。活動を減らした分、「個々の園児たちと以前にも増してしっかり向き合う」という目標の下で日々の保育を行っているそうです。


しかしアクティビティーがゼロになったわけではありません。アユの放流やマーチング活動など、特に地域の方や小学生との交流は積極的に行っています。下南のある家野地区は農家さんがたくさんある地域で、区長さんが中心となって行ってくれる農業体験は食育の一環としても重要な活動となっています。毎年6月の田植え体験などはこの地域ならではの体験活動ともいえます。そうして繋がりの出来た農家さんから収穫したての野菜が届くことも。それらは園内にある給食室で手作り給食の材料になります。

取材時のおやつはキャロットケーキ!いい匂い~

繋がりの出来た方々からの新鮮食材プレゼントなんて、都会ではちょっと経験できない食育ではないでしょうか。

地域の方にも感謝して「いただきます!」

下南こども園の特徴その3 「防災活動の軽減」

前述しましたが、下南は新園舎建築に伴い家野地区の高台に移転しました。お隣には2021年4月に竣工した「下南コミュニティセンター」があり、隣接する旧臼杵商業高校跡地は臼杵市の災害支援センターでもあります。さらに古い話をすると、災害支援センターのあるエリア一帯は旧日本海軍航空基地のあった場所でもあり、地盤がしっかりとしている地域でもあるのです。つまり、下南のある一帯が災害支援拠点となっています。


東日本大震災以降、多くの教育現場で津波からの避難訓練等が行われていますが、下南では津波に対する防災訓練は必要が無く行われていません。前述した私のお客さんも、その点については大きな安心感があるとおっしゃっていました。


子連れ移住検討者は11月の移住セミナーに参加を!

コロナ禍で一時中止していた月1回の「オープンデー」は、いよいよ11月から再開します。ちなみに今月の開催予定は以下のようになっていますので、ご興味のある方は下南こども園へお問い合わせください。


<11月のオープンデー>

日時:11/25(金) 10:00~11:30

アクティビティー内容:絵本の読み聞かせと音遊び


12月以降もクリスマスや節分など、時節イベントに合わせたアクティビティーなどを準備していくそうです。


また、移住の下見などで来られ「子どもを預けて物件探しに集中したい!」という方には、下南でも一時保育を行っています。こども園の下見も兼ねて利用してみるのもおすすめです。こちらも事前に電話相談をお願いします。

下南のかわいい園服


11/18(金)開催!臼杵市のオンライン移住イベント

臼杵市役所が主催する11月のオンライン移住セミナーはまさに「子育てx移住」。臼杵市の子育て環境がテーマです。

11/18(金)19:00-21:00で開催されるので、ご都合が合いそうな方は関連サイトのリンクから詳細をご確認ください。


【関連サイト】

11/18(金)開催「移住セミナー」詳細サイト

下南こども園

臼杵市にある地域子育て支援拠点(11月のイベント案内)