大分県の移住セミナーに行ってみた

前々回は臼杵市役所から取り寄せた移住資料についてお話ししましたが、資料を見ていると

「もっと具体的な話を聞いてみたい。」

と感じてくるのが普通です。例えば、これまで全く農業経験がない人が就農したい場合、どうやって道筋をたてていくのか?といった疑問もあるでしょう。就職したい人にとっては、どんな仕事があってどれだけの収入になるのか?など、特に子連れ移住者にとっては気になる問題です。かといって首都圏に住んでる人がすぐに臼杵市役所に行って話を聞くわけにもいきません。


そういう方の為の「移住セミナー」を月1ペースで大分県が都内でも行っているのです。既に臼杵市で賃貸する物件も決まったのですが、ネットで見つけて面白そうだったので10月21日の「アクティブシニア向け移住セミナー」という会に参加してみました。私は全然シニアじゃありませんよ、念のため。


会場はJR有楽町駅の目の前にある「東京交通会館」。

館内には日本全国のアンテナショップがたくさんあります。ダントツ人気はやはり北海道。結構な寒空でしたが、みんなソフトクリームを食べてました。そして大分のアンテナショップは中津フェア!お店の前で唐揚げでもジュージュー揚げてぜひ「どさんこプラザ」に対抗していただきたい。

セミナー会場は大きく二つに分けられています。プロジェクターを使用して各市の案内や講演を行うエリアと、個別相談の為の各市のブースなどがあるエリアです。いただいた資料の中には大分グッズもたっぷり。私は講演の前に臼杵ブースに寄ったのですが、生姜が効いている臼杵煎餅をいただきました!牛乳と合うんです、コレが。

移住セミナーでは、約1時間がゲストの講演や各市と「移住とお金」などのプレゼンになります。その後の1時間は興味のある市や関連ブースなどで個別相談を行う、という流れ。

各市のプレゼンはなかなか面白いものでした。全て市役所の人がプレゼンするかと思いきや移住経験者の方が行う市も。具体的な経験談を踏まえた内容なので、訪れた方にはイメージしやすいプレゼンです。

例えば、別府市はやはり「温泉推し」。そりゃそうでしょう。コレ目当てに移住する人も多い町です。シニア世代の訪問者たちも別府市のプレゼンが始まると、気持ち前のめりになっていました。別府市には「べっぷフロマラソン」という耐久レース的なイベントが毎年あります。5日間で42カ所の温泉に入るのです。別府市のプレゼン者(移住経験者)の妻はこのイベントを走破したそうです。「来年はぜひあなたも!」的な感じのプレゼンでした。


一方、我が故郷の臼杵市は「フグと野菜推し」。臼杵市は有機農業と海産物に力を入れている町なので「花より団子」な市民が多く、外食文化もかなり派手。大体人口が37,000人しかいないのに、料亭やら割烹がワンサカあるのです。首都圏の人がビックリするような低価格で凄いボリュームと鮮度の海鮮料理が出てきますよ。

余談ですが、私が年末に帰省していた時、大晦日の朝7時半に

「よ~い、誰かおらんのなぁ?(=お~い、誰かいませんか?)」 と知らないおじさんが。何事かとドアを開けると、サンタクロースのように担いでいた何かを「ビターンっ!」と地面に投げおろし、 「これ食べよ。」 と言い残し去っていきました。もう一度言いますが、知らないおじさんです。

袋を恐る恐る開けるとそれは立派な3尾の太刀魚でした。

実家のレストラン前に投げ出された巨大太刀魚をとりあえず厨房に引きずり入れ、レストランのメンバーが揃って確認すると、従業員の一人Yちゃんの知り合いで、釣り好きなおじさんということが判明。もちろん、その日のうちにお刺身で美味しくいただきました。

このように臼杵市ではその辺のおじさんが釣った魚や、収穫した野菜など色々物が貰える、ということをプレゼン担当者も語っていました。食いしん坊や酒好きには堪らない町です。

笑いも起きた楽しいプレゼンテーションの後は個別ブースでの相談。私も空いているブースに行って話を少し聞きました。左は「おおいた産業人材センター」のブースの資料で、大分県に移住して就職したい人の話を聞き、その人に合った求人を探したり、面接まで段取りを整えたりしてくれるそうなのです。また紹介するだけではなく、専用サイトに登録して、自分にどういう技術があるのか、どういう資格があるのかなどを登録しておくとスカウトのチャンスもあるそうなのです。就職希望者は絶対に訪れたほうが良いブースの一つです。 ちなみに「おおいた産業人材センター」では「面接支援補助金」という制度もあって、例えば首都圏に住みながら就職面接に行くときなどは旅費の半分を補助してくれるそうです。条件などはブースで確認をしてみてください。


就農ブースではゼロから農業を始める就農希望者の為にある「就農学校」の説明などもやっていました。「アクティブシニア向け移住セミナー」とは言うものの、四十路でも全然話が聞ける内容でした。各ブースでの個別相談は訪問者に合わせた情報提供をしてくれるので、多少その日のテーマが自分に合っていなくても情報収集活動としては支障がないと思います。


次回都内で行われる移住セミナーは以下の通りです。イベント自体も大きい感じなので、大分県や臼杵市への移住に興味がある方はぜひ参加してみてください! 【第6回 おおいた暮らし塾in東京】 日時:11月18日(日)12:00-16:00 場所:東京交通会館12F *移住イベントと就農イベントを同時開催

臼杵のゆるきゃら「ほっとさん」と移住経験者でこの日臼杵ブースの担当だったNさん。 私は心の中で「臼杵の松方弘樹」と呼んでます。