臼杵市街地のご近所を食べ歩く #ちあうすきめし

一向に届かないアベノマスクと違い、臼杵市からは早々に10万円の給付金が届きました。告知されていた通り、申請してぴったり2週間という見事なスケジューリングで安心感がありました。 その市役所、新聞で見ましたが、今職員総動員で地元臼杵を応援しようという企画を行っているそうです。私もその企画を見習って、給付金の一部でご近所さんを食べ歩こう、と決めました。「マイちあうすきめし」です。


今回は今週私が食べ歩いたご近所の美味しい物をご紹介します。


無性に食べたくなるラーメンがある「白楽天」

創業は平成元年、以前は掛町にある私のお店の斜め前にあったという「白楽天」。今は移転し、横町で営業を行っています。 こちらは入り口で靴を脱いで上がるシステム。カウンター席や座敷席も↓

お客さんが少ないときはお店の方との会話も楽しめるカウンター席

私はここに来たらとにかく「すましラーメン」を食べます↓

塩?しょうゆ??何かよく分からないけど優しいハーモニーの絶品「すましラーメン」

ランチの時間帯だと「日替わりランチ」があり、半すましラーメン、おかず1品、ライスがついて700円とお得ですが、すましラーメンファンとしては、これを1人前にして食べます↓

この日のおかずは甘酢唐揚げで、ラーメンを1人前にすると850円。かなり食べすぎだが仕方ない

コロナ影響下で営業時間等不定な時もあるかもしれませんので、フェイスブックなどでその日の情報を確認して行くのをおすすめします。

もちろんテイクアウトが可能(ラーメンもOK)

【白楽天の基本情報】 所在地:臼杵市臼杵474 電話:0972-72-1016 フェイスブック:「白楽天」


出汁巻きに度肝を抜かれる「山庵(やまなん)」

小学生の時、私は臼杵のバレーボールクラブに入っていました。なぜバレーボールを始めたのかもう覚えていませんが、楽しかったことは覚えています。「スポーツを楽しむ」というスタンスで行われていたので、コーチたちも優しく、私のような運動音痴でも試合に出られるように2軍まで作ってくれ、楽しくやっていました。 そのバレーボール活動で覚えていることはあまりないのですが、強烈に覚えているのが練習試合の遠征で食べた、チームメイトCちゃんの実家「山庵」の玉子焼きです。標準語では「出汁巻き」というのですが、臼杵ではこの出汁巻きを「玉子焼き」という人が多く、当ブログでも玉子焼きと呼ばせていただきます。


この遠征でCちゃんのお母さんがたくさんの玉子焼きを持ってきてくれていて、それをおすそ分けでいただいたのですが、今となっては試合の記憶より玉子焼きの記憶。12歳の舌がその美味しさに驚愕した思い出です。それからというもの、臼杵を離れても私のナンバー1玉子焼きは「山庵」なのです。


今回、コロナ太りの甥や姪の食欲も考慮して注文したのはこちらの「唐揚げセット」↓

大人3人、子ども4人で完食した唐揚げセット2000円!

ここにのっているのが山庵の玉子焼きです。 しかし、7人でこの量では足りないので、1000円分の玉子焼きを追加。甘くてジューシーな思い出の玉子焼きに心から大満足でした。唐揚げは生姜が効いており、外はカリカリ、中はジュワ!甥や姪(3~11歳)は猛烈な勢いで完食です。 「山庵」はふぐ料理の名店。ランチでもお手頃にミニふぐコースが楽しめます。詳細はお店までどうぞ。

昨年末、関西からの友人と楽しんだミニふぐコース(別料金で地魚のお刺身も追加)

【山庵の基本情報】 所在地:臼杵市掛町8 電話:0972-63-8899

フェイスブック:「山庵」


スイーツに刺激される「ラ・マンチャ」

臼杵に住んでいると新鮮な魚や野菜には困りませんが、スイーツに関しては大分と比較すると選択肢も少なくなります。しかし、私のお店から徒歩30秒に位置するスペイン料理のお店「ラ・マンチャ」のスイーツには、美味しいということに加え、刺激もビンビンいただいております。

古民家を改装したスペインバル&カフェ「ラ・マンチャ」の外観

私は2年に一度イギリスかアメリカにビンテージ雑貨の買い付けに行っていますが、その際には「行ったことのないところに行く」という刺激旅も2~3日フリーでしています。出会ったことのない自然、町並み、美味しい物などはエネルギーを与えてくれるからです。

「ラ・マンチャ」のオーナー夫妻も料理研究の為に数年に一度ヨーロッパ旅行に行っていらっしゃるようなのですが、その時には必ず「新しい食に出逢う」というテーマで旅をしているそうです。何だか似ています。


そんな「ラ・マンチャ」がコロナ影響下で元気をくれるスイーツを販売。ご紹介したいと思います。

バスクチーズケーキやポルトガルのカステラ(←名前忘れてしまった・・)など、いろいろなスイーツがあるのですが、今回、私がそそられたのが、日本人のソウルパン「メロンパン」(280円)↓

味、食感ともに絶品のバランス!

いかがでしょう、この全身カリッカリのフォーム!私はメロンパンの全身(もちろん表面のみ)が白いカリカリの部分でいいと思っているのですが、ラ・マンチャのメロンパンはその理想形。また、中に入っているクリームが優しい味!絶妙な食感とお味でした。 店内をぐるりと見まわすと、他にも抹茶、チョコレート、ピーナッツなどのクリームパンがあったので、次はチョコを試してみようと思います。しかし、その前に試してみたいのがスコーン!前回のお料理研究旅行で出会ったのがイギリス料理だったそうなのですが、スコーンもその一つ。イギリスでスコーンを食べまくってた私ですが、家にオーブンを置く場所がなくスコーンが焼けないのです。悔しい!そしてなかなかほんまもんのスコーンに出逢うことが少ないのですが、写真で見るラ・マンチャのスコーンはほんまもんに近い感じがするのです。しかもクロテッドクリーム付き!! ちなみに、クロテッドクリームが何だかよく分からない人は、こちらの記事をどうぞ↓ 「ロンドンでアフタヌーンティーするならザ・ウォレス・コレクションが超穴場!」


話はラ・マンチャに戻ります。このスコーンが出来上がったら私はジャムを自作するのですが、それで試してみたいと思います。

「ジャムもスコーンに合うものを。でもお手製はめんどくさい」という人はラ・マンチャのお手製ジャムもおすすめ。私が行った時は数個しかなかったのでお早めに!

スコーンと食すジャムは手作りに限る!

【ラ・マンチャの基本情報】 所在地:臼杵市大字臼杵527-1

電話:0972-83-5322

フェイスブック:スペインバル&カフェ ラ・マンチャ 臼杵はやっぱり美味しい物がたくさん! 移住検討者に何度も言いたいのは、「臼杵には美味しいものが多い」ということ。こんな小さな町で日々美味しい物に巡り合えるというのは本当に幸せなことです。コロナのせいで県跨ぎができない日々が続きますが、その時期が到来したら、是非最初の「移住下見旅行」は臼杵市へどうぞ!