臼杵市の習い事事情~公民館編~

埼玉県に住んでいた時、私はホットヨガスタジオに通っていました。特に最後の2年ほどは近所にできた「ホットヨガスタジオ LAVA」という所に週4回ペースで通うほどルーティン化。

「この後2時間整体の予約がない!」

と空き時間を見つけたら、即ネット予約をして自転車で3分の距離にあるスタジオへ疾走し、1時間のレッスン後にシャワーを浴びて帰宅。つまり自営業の私のライフスタイルにピタリとマッチしていたのです。 全く瘦せはしませんでしたが(←ナゼ?)、身長も2センチほど戻し、リフレッシュできました。


臼杵に移住して、この利便性の良いホットヨガスタジオが大分市にしかないことに愕然としましたが

「とにかく何かやらないとアンタ体がヤバイよ!」

と自らの体が訴えてきたので、一念発起してこの春からピラティス教室に通うことにしました。


今回は習い事探しが難しい臼杵市の習い事事情と現在私が参加しているピラティス教室がどいうものなのか、参考までにご紹介したいと思います。

ピラティス教室の行われている臼杵市中央公民館

大人の習い事は公民館にあり!

臼杵市は平成の大合併により野津町と統合したので、基本的に市町村役場も臼杵地区と野津地区に大きく分かれます。公民館で行われる習い事も臼杵と野津に分かれており、そのクラスは4月スタート3月終わり。毎年3月の「広報うすき」にチラシが折り込まれます。今年3月の教室案内がこちら↓

自治会に入れば「広報うすき」と共に自宅に届く教室案内

教室の種類は多種多様。「羽衣舞踏教室」など全くその存在を知らなかったダンス教室や、ちょっと覗いてみたい「臼杵歴史セミナー」などいろいろ興味深い教室があるのです。

スケジュールに合う運動教室をこの中から選ぶ

危機的体質になったことから、興味のある文化教室を今回は諦め、即ピラティスに決定。昔一度ピラティスをやったことがあるのですが、インナーマッスルを鍛えぬくピラティスなら月に2回でもちょっとしたトレーニングにはなりそうです。 早速講師である楠本先生に電話して5月からスタートしました。


「私でもできる!」無理のないトレーニング内容

毎月第1・3火曜日の午後7時半から1時間行われるピラティス教室。今の私のスケジュールで可能な火曜日の夜ということで選びましたが、その内容も運動不足となった私にはちょうど良いレベルでした。


講師の楠本由美先生も実はUターン移住者。大学入学と同時に東京に出てそのまま東京で就職しましたが、地元の野津に帰ってきて現在ピラティス講師をされています。

笑顔が素敵な楠本先生

数々のピラティスの資格を持っていますが、現在もローラーピラティス(先生が抱えている丸太のようなツールを使用したピラティス)のアドバンスやエボリューションウォーキング(体を整える歩き方)の資格にもチャレンジ中とのことでとにかく勉強熱心。

「生徒さんの体の不調を改善できるような指導者になりたい」という思いで日々勉強に取り組んでいるそうです。 そんな先生のレッスンの様子を激写してきました。 登録人数は19名のクラスでいつもは多いのですが、大分県でコロナが爆発的に増えた8月17日のレッスンだったので、お盆中に外出した人は参加を控えていたようです。


この日は肩こり改善を中心に組まれたレッスン内容。

まずは手先のストレッチから

こういう細かい準備体操は本当に大切です。急に始めるとそれだけで筋を違えたりするものなのです。私もそういうお年頃なので急に走ったり、急に飛び跳ねたりはもうしません。 特にこの日はローラーの使用頻度が高め。ストレッチでも上手に使用します。

長年されている生徒さんもたくさんいて皆さんかなりお上手

仕事でお客さんを揉んでいる私は肩回りや腕周りがとにかくパンパン。特に右手は使用頻度が高いので左に比べると太さがまるで違うのです。ローラーピラティスの場合、そういうパンパンになったところを「ゴロゴログリグリ」やるのでかなりの激痛。

肩甲骨の周辺は歯を食いしばりながらの運動

先生は「あまり痛かったら無理しないで下さいよー」とか「これは痛すぎるかな?」とか気を遣ってくれながらレッスンを進めてくれるので、五十路手前の私にはありがたい限り。

埼玉では「頑張れ!できるできる!」と応援してくれる先生に合わせて頑張ったらケガをしたので、もうそれほど頑張らなくても許される環境が大切です。 これが腹筋を鍛えるバージョンだとかなりハードで、翌日筋肉痛になったりします。

私としてはピラティス教室のあとは筋肉が緩んで呼吸がしやすくなるのでスッキリ感も得られて丁度良い感じです。


欲を言えばレッスンが週1回になるといいなぁといつも思っていますが、先生もご自宅のスタジオを拠点として、県内地域の公民館や、保育園、子育て施設など10箇所で忙しく指導していらっしゃるので仕方がありません。私のスケジュールにゆとりができたら別クラスに並行して通うのもアリだと考えています。


ヨガやピラティスなど田舎にはないのでは?と思っている都会からの移住者もいるかと思いますが、公民館という身近な場所でもクラスは行われているので、自分に合うかどうか見学してみてもいいですよね。


公民館で発見!その他の教室情報

公民館の掲示板にはその他の教室の宣伝チラシも貼られています。

全国大会に出るような高校生ラガーマンを育ててきたラグビー教室も

募集人員に達していないクラスは年度途中でも受け入れをしているそうです。興味のあるクラスを見つけたらまずは問い合わせてみましょう。


実は私の甥も途中から将棋教室に参加して、毎週土曜日のレッスンをかなり楽しみにしています。ちなみに将棋教室の受講料は年間2000円!超破格値でびっくりしました。ピラティスも月2回で2000円。公民館の教室は良心価格で安心して受けることができます。


公民館の習い事、ぜひ移住してきたらどんなものがあるのか探しに出かけてみてください。


【関連サイト】 楠本由美先生のブログ(お問い合わせもこちらから)