移住3年目の丑年、臼杵市での年末年始

明けましておめでとうございます!

臼杵市への移住を検討している皆さん方へ、今年も臼杵市のいろいろな情報をお届けできるよう、精力的に取材活動を頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。

*今回のブログ写真は携帯撮影の為、画質が良くありません(涙)。ご了承ください。


「食いしん坊の町・臼杵」のお節事情

昨年はコロナに振り回された1年でしたが、今年もまだまだ不安定なスタートですよね。そんな中でもこの年末年始、臼杵市の料理屋さんはやはり忙しそうでした。


私の実家は洋食屋をしているので、大晦日は年越しオードブルを販売します。

私も自分の整体や雑貨のお店は28日まで営業し、29日からはこの年越しオードブルに全力を注ぐのです。


大晦日にお節を販売する日本料理屋の女将をしている友人に29日に会いましたが、疲労で目がうつろになってました。ふぐ割や宅配ふぐが人気の割烹料理屋の厨房に30日ご挨拶に行った時は、ふぐを捌きながら遠い目をしていた大将が力なく微笑んでくれました。30日、大晦日に臼杵市の料理屋さんに行くと、大体こういう光景ばかりを目にすることになります。

料理屋各店がお節で力尽きた元旦の八町界隈。静けさのみが広がる

臼杵市では多くの割烹料理屋さん、料亭さん、その他の料理屋さんがお節やオードブルを作ります。いつもブログで書いていますが、人口は29000人を切っている田舎町の旧臼杵市なのに、食いしん坊&呑み助市民が多い為多くの料理屋さんが存在しているのです。こんな町そうそう他にはありません。臼杵市に移住を検討している皆さん、臼杵市の「美味しさ」は本当におすすめなんですよ。


田舎町だからお得!?臼杵市の初売りセール

埼玉県に住んでいた時は、家電量販店やデパートやショッピングモールの初売りなど、絶対に行きませんでした。あんなに凄い人の数の中で、開店と同時にお店を駆け抜け、他の人が手に持った商品さえも奪い取るような戦場に、元旦や二日から赴く気などさらさらありません。ダッシュの一歩目で捻挫するのがオチです。


しかし、Uターン移住前のお正月は別でした。その月の21日には臼杵市にUターン移住する為、とにかく家電を揃える必要があったのです。初売りチラシを精査した結果、1月2日のヤマダ電機に全ての力を注ぐことに。

ちなみに臼杵市ではヤマダ電機、ベスト電器、HIヒロセ、スーパーキッドというようなお店で家電を買うことができ、これらのお店全てが野田地区というほぼ同じエリアに立地していて便利です。もちろん「町の電器屋さん」も各地域にあるので、車を持たない年配の方には頼りになる存在です。


話は戻って、ヤマダの初売りでは2日の目玉、3日の目玉など、破格値の商品が限定5台でそれぞれ販売されており、新生活の為生活家電がターゲットとなりました。

チラシには「朝10時から整理券配布」とあったので、

「臼杵ならきっと競争率は高くない!多分朝9時でギリギリ5台目には間に合うはず!」

と読んで出かけることに。都内の家電量販店の初売りは、大体前日の午前中から列が始まるので、相当舐めたスケジューリングですが、臼杵市民は並ぶのが苦手なので、これで良いと思ったのです。


そして勝負の2日午前9時。ヤマダ電機に行ったら誰も居ませんでした。駐車場もガラガラです。

「日付間違えた?」

と何度も自問自答しましたが、新年早々日付を間違えるはずもなく、そのまま待つこと45分。やっと2番目の人が登場!私がその日狙っていたダイソンの掃除機は、9時55分で整理券枚数の人数が出そろった感じでした。店員さんに至っては5人並んだくらいで表に出てきて、

「みなさーん、おはようございます!人数揃ってる商品の整理券配りますねー(*´▽`*)」

と凄く和気あいあい。都会の殺気立った行列とは大違いの雰囲気でした。

9時に張り切って並んだ私がバカみたいに思える2019年の初売りでしたが、臼杵の初売りは本当に和やかで素晴らしい。これも移住検討者におすすめの点です。


今年はコロナ禍ということもあり、残念ながらお得なセール品はそれほど見られず。

必要最低限の物だけを揃えた新年の初売りでした。

コロナ禍でお店に必須となった空気清浄機を購入

コロナ禍、各所の風景

臼杵市の中心街で初詣と言えば「八坂神社」。

子供の時はよくこの神社で遊んでいました。遊んだ後は必ず境内の砂利を綺麗にならすように当時の宮司さんに言われていたので、友達ときちんとならしてから帰宅していました。今でもそうだと思いますが、夏は木にたくさんのセミがとまっていて、子どもたちの格好の昆虫採集の場所だったのです。


町八町に住んでいる人は多くの人がこの神社にお参りに来ていましたし、今でも初詣には列ができます。しかし今年は分散詣出のようで、2回ほど見に来ましたが人がほとんどいませんでした。ちょっと寂しい初詣風景でしたが、仕方がありません。

門松は毎年立派に飾られていて記念撮影する人も多い

年が明けて3連休を取り、私は両親の住む別府へ。芝石温泉という市営温泉に入ってきましたが、別府市では市営温泉が年末年始は無料開放されます。元々料金も安いので人の多い時期に入浴しに行くことはないのですが、何か所も入浴してみたい!という人には良い機会だと思います。臼杵市に住んでいると、立地感がとても良いので別府温泉も気軽に入りに行けます。

そんな別府も観光客は少なく静かなお正月風景でした。来年は賑やかな年越しができることを願ってやみません。

「湯けむり展望台」から撮影した別府・鉄輪エリア

今年最初のオンライン移住ツアー開催!

まだまだ油断できないコロナ禍での新年のスタート。移動に制限がある今だからこそ、地方移住を検討中の方には、まずは「オンライン移住ツアー」をおすすめします。

臼杵市役所の移住担当となる「協働まちづくりグループ」では、ネットを駆使して中身の濃い移住情報提供を行ってくれます。


今年最初のオンライン移住ツアーは1月16日(土)開催!詳しい情報やお申し込みは市役所の移住ページからどうぞ↓

「オンライン移住体験ツアー」詳細ページ


オンラインで移住体験、是非楽しんでくださいね!

6歳姪・Mの力作「ネコ」の年賀状。今年もよろしくお願いします!