今週末が満開!桜の名所「臼杵公園」へお花見に行こう

桜の状況を早く皆さんへお伝えするために、毎週水曜更新予定の移住ブログですが、本日更新いたしました!


東京は昨日から桜が満開になってきたようですね。ここ大分県臼杵市は東京より南にありますが、毎年東京のほうが先に満開を迎えます。しかし、臼杵の桜も今週末が満開のようです。とっても風情ある臼杵の桜を見に来ていただきたいので、今回のブログでは桜の名所「臼杵公園」、3月23日現在の様子をレポートしようと思います。


ちなみに昨年LINEトラベルJPに寄稿した旅記事「大分県屈指のお花見スポット臼杵市!おすすめ桜の名所3選」 では、臼杵公園をはじめ、その他の桜の名所の紹介もしています。併せてご利用ください。


桜の中に点在する懐かしく危険な遊び場

臼杵城の歴史などは、上に紹介したLINEトラベルjpの記事に記載しているので、今回は割愛します。

3月23日(火)の午前の臼杵公園は晴天で風も穏やかということもあり、ご年配の方を中心に既にお花見に来ている方も見られました。

臼杵城址を正面から臨む

メインの上り口は写真左手にある「古橋」からになります。この入り口近辺の桜は現在四分咲きという感じ。場所によって陽当たりや風当たりが全然違うので、咲き具合にも違いが見られます。

こちらは2019年の満開時。古橋を渡ってすぐあるソメイヨシノの大木は最初の見どころです。

スタート早々圧巻のソメイヨシノを拝める

この大木の隣には石段があって大木の側まで上がることができますが、そこはもう崖です。くれぐれも落っこちないように気をつけてください。


このソメイヨシノを通り過ぎると鐙坂という急カーブを描く坂になって、ここが凄く素敵な曲線で撮影スポットにもおススメ。

しかし、今年は石垣の壁部分が壊れてしまい、只今工事中です↓

文化財の為修復には多少時間がかかるそうです

以前のブログでも数回子供時代の遊び場として臼杵公園のことを書きましたが、実は上の写真の坂下部分がまさに子供時代の遊び場スポットの一つでした。

しかし、ここは危険すぎて現在は誰一人遊んでいる子供はいません。

中央の溝になっている部分は代々の子供たちの上り痕

写真の溝部分を這い上がり、さらに右に昇ります。

そして8メートルくらいある石垣をよじ登るのです↓

昭和50年代、命がけの遊びをしていたことに今気付く

この危険な崖(←崖や石垣自体は危険ではない、念のため)を左手に見ながら二の丸の入り口である大門櫓に向かいます。夜には石垣をよじ登った先にある鐘付き堂が素敵にライトアップされます↓

2019年・満開時の撮影

その他、二の丸、本丸には昔遊具の有った公園もありましたが、現在はお弁当を食べたりもできる広場に整備されています。

大門櫓を越えて右にある、元公園だった広場(右の建物はトイレ)
本丸にあった元公園の広場は山の眺めが良い場所

桜の撮影におすすめ「二の丸・大門櫓」

平成に復元された大門櫓は桜と共に画になるスポットです。

3月23日現在、大門櫓周辺は三部咲き

これが満開になると

2019年の満開時

門自体が額縁のようになり桜の絵画が見れるのです。

これが夜になるとさらに素敵になります↓

2019年の満開時

大門櫓前は三分咲きなのに、本丸に向かう道沿いの桜は五分以上の咲き具合↓

3月23日現在でこの咲き具合!

週末が楽しみになってきますね。


二の丸から本丸へ、圧巻の桜広場

昔と違い、本丸の天守櫓周辺がかなり整備されてきました。

3月23日現在、天守櫓へ向かう整備された歩道の桜も五分以上咲き

天守櫓の北はすぐに崖があり、江戸時代はこの下が海だったので、マルタ共和国の首都ヴァレッタのように「海上の要塞」を体現した作りだったのだと思います。かなりイケてる城だったに違いありません。


二の丸と本丸を区切るのは空堀です。ちなみに写真左の石垣が天守櫓跡↓

空堀には桜の木が二本ほどある

この空堀も私の子供時代に比べたらかなり整備されています。

昔はここに段ボールを持ってきて、それに乗っかり下の写真の急こう配を草滑りしていたのです↓

昔は滑り降りる距離がもっと長かった

整備されたので滑走距離が短くなっていますが、昔はもっと深く長くあったような気がします。私の幼馴染は男子が多かったので、本当に危ない遊びばかりやってました。

今はそんな草滑りをしている子供もここでは見られません。


本丸には桜の木々に覆われた広場があり、満開になると圧巻の一言↓

昼でも夜でも満開時には大満足の景色が楽しめる本丸

3月26日(金)~4月4日(日)は「臼杵城址桜まつり」が復活!

昨年はコロナの影響でほぼ中止となった「臼杵城址桜まつり」ですが、今年は大幅に復活。二の丸・運動場のエリアでは今年は出店もあるそうです。姪や甥たちも楽しみにしているので一度連れて行かねばならないでしょう。

運動場エリアも3月23日現在四分咲

そういえば、この運動場のエリアですが、私が子供の時は草のある広場で大きな噴水が二つか三つあったのです。その時代はここもお花見で大変な賑わいでした。


臼杵市の人口が全盛期だったときは、造船も商売もとにかく活気があり、会社でのお花見が普通の行事でした。酒の飲み方も本当にめちゃくちゃで、酔っ払って木に登って落ち、頭から血を流している人を見ることもしばしば。ケンカもしょっちゅう見ていたので、私は両親から「子供だけで夜の花見には行ったらいけない」と禁止令まで出されていました。

本当に今の大人のほうが随分マナーが良いし、家族連れで和気あいあいとお花見ピクニックという感じなので、どんな方でも安心して臼杵の桜を楽しむことができます。


今週末は日曜日が今のところ雨予報なので、金曜日・土曜日あたりがお花見日和だと思います。是非皆さん、今週末は臼杵城址でのお花見を楽しみに来てくださいね。

只今、山桜の景色も最高です!


⋆3月31日(水)のブログ更新はお休みいたします


【関連リンク】

臼杵城址桜まつり