クセになるチーズスイーツ「Ken's BASE」

私が初めてチーズケーキを食べたのは小学校4年生くらいの時。チーズといえば「6Pチーズ」しか知らなかった当時、チーズがスイーツになるなど考えてもいなかったので、初めて食べたときは衝撃でした。

その後、中学生くらいまでオーブンレンジを駆使してチーズケーキを自分で焼いたり、レアチーズケーキを作ったりしていました。もちろんホールで作っていたので、学期ごとの体重測定では数値がどこまでも右肩上がりだったのは言うまでもありません。

その後、大人になるにしたがっていろいろなスイーツに出会いましたが、やっぱりチーズ系スイーツには目が行きます。


今回ご紹介する「Ken's BASE」のチーズスイーツは、その味と口当たりが特徴的な逸品。加えてオーナー夫妻は移住者でもあるので、いろいろとお話をうかがってきました。

包装されたチーズケーキ、その中身やいかに!?

「大好きなチーズケーキを!」の想いからスタート

オーナーである平川さんご夫妻が営む「Ken's BASE」。

夫のケンジさんが製作、妻のカヨさんが広報担当

臼杵市が地元である妻のカヨさんのご両親が高齢になってきたことから、臼杵市へのUターン移住を決意。その際にホテルカフェのパティシエ経験のある夫のケンジさんが「大好きなチーズケーキを製作・販売するお店を立ち上げたい」という想いからスタートしたお店。

工房と店舗が一緒になったこぢんまりとしたお店は、カヨさんの実家の敷地に建てられました。


2018年10月にオープンし、この2年半で多くのお客さんがKen's BASEのファンになったようで、取材を行った1時間弱の間にもお客さんはひっきりなしに来店されていました。

しかし、その立地はなかなか珍しい場所にあります。


中心地から離れた店舗、いかにして人を呼ぶか?

以前にも書きましたが、臼杵市の商売エリアは大きく分けて二つあります。一つは「旧市街」ともいえる八町エリア。城下町の風情が残り観光客も多く、私のお店もここにあります。もう一つは前回のブログでも書いた「新市街」(←私が勝手に言っている)の野田地区。ここには大型店や全国区のチェーンストアなどがずらりと並び、車で買い物を行うエリアです。


Ken's BASEはこのどちらでもなく、「諏訪」と呼ばれる中心地から車で5分ほどの、どちらかといえば海エリアにあるのです。お店もドーンと大きな看板があるわけではありません。カヨさんは

「オープンして2年半も経つのに、このエリアでもまだ何の店か認知してもらってない方がいらっしゃるんです。」

と苦笑いされるほど。どんな外観かというと、こんな感じです↓

写真右が臼杵市街方面、左に行くと「海辺(あまべ)」と呼ばれる海エリアに

市街地から写真左方向に進むと海辺郵便局があるので、そこまで行くと行き過ぎです。唯一の目印は幟↓

ケンジさんの似顔絵(?)がロゴの幟をお見逃しなく!

この「見逃しそうな店」を目指して多くの方がいらっしゃるのは、やはり広報担当のカヨさんがこまめに行うSNS投稿と、口コミしたくなる商品それ自体に理由があるのだと思います。


近年臼杵市では旧市街でも新市街でもない、言ってしまえば「辺鄙な場所」で飲食店を開業する事例が増えています。車社会であること、そしてSNSを駆使すればお客さんがわざわざそこを目指して来てくれるというイマドキな特徴から、出店エリアはもはや問題ではないのかもしれません。


これから臼杵市に移住してきて開業を目指す方は、出店エリアに関わらずSNSを駆使することは必須と言えるのではないでしょうか?


「コクがあるのに後口サッパリ」その中身は!?

ではいよいよKen's BASE珠玉のスイーツ紹介にまいりましょう。

味や食感の把握をするために、ホール以外の全6種のスイーツを買ってみました。

保冷材も十分入れてくれるのでお持ち帰りも安心

実食!まずは「10センチ スティック」4種から↓

左から、プレーン、抹茶、チョコ、ラズベリー

気になる断面もチェック↓

しっとりして美しい断面

実際手にして思ったのですが、かなりのずっしり感。NYチーズケーキの感覚です。

食べてびっくり!食感はまるでテリーヌ。とにかく滑らかなのです。

実際、Ken's BASEのチーズケーキはグルテンフリーなので小麦粉を使用していません。テリーヌ・ショコラとかテリーヌ・フロマージュと食感が似ていても不思議ではないのです。

しかし、こってり美味しいテリーヌを私がそれほど食べないのはその後口のくどさにあるのかもしれません。とにかくこれまで食べたものは濃かったのです。


一方、Ken's BASEのチーズケーキは、食感の滑らかさはそのままなのに、後口がさっぱり。

大人向けの「抹茶」ももちろんチーズケーキ

その秘密は甘味として使用している「花見糖」にあるのかもしれません。精製されていないお砂糖で、ケンジさん曰く「甘味に角が無い」とのこと。確かに柔らかい甘さのお陰で飲み物もそれほど必要なかったのです。


また、きな粉とココアの2種がある「ケンズチーズプリン」は姪の3姉妹(4歳、7歳、12歳)が驚くべきスピードで食べあげました。

3姉妹に人気の高かった「きな粉」

私もなんとか一口食べましたが、きな粉はチーズ感が少なく「これは子供が好きな味」と思いました。私ももっと食べたかった・・。

ココアは12歳の姪のお気に入り↓

ココアの苦みがちょっぴり大人感あり

ケーキもプリンも口当たりよく、味はしっかりしているのにサッパリとした後口にハマるチーズスイーツでした。


【おまけ情報】店舗建物の選択肢に

移住して起業を考えている人の中には、店舗をどうしようか迷っている方もいるかと思います。既存の建物をDIYで補修していくか、業者に頼むか・・。 Ken's BASEのオシャレな店舗はそんな移住者の選択肢の一つになるかも。

1日で組み立てが完了したという工房兼店舗

実はこの建物、福岡の業者さんに発注した「小屋」なのだそう。風の強い諏訪にあって、巨大台風下でも破損は無かったそうなので丈夫なのだと思います。但し、飲食関係は保健所の許可が下りるように内装工事をしなくてはいけません。業者さんにその点も伝えたほうがよいでしょう。

排水や衛生関連で保健所の規定をパスしなければいけない

興味のある方は「タイニーハウス」「ガーデンシェッド」「小屋」などで検索してみると、希望するデザインの建物が出てくるかもしれません。お試しあれ。


【Ken's BASEの基本情報】

住所:臼杵市諏訪478-3

電話:090-5384-2902

定休日:水曜・木曜

営業時間:11:00-18:00

インスタ:kashiseisakushokensbase

フェイスブック:Ken's BASE

⋆市内外の配達に関してはお問い合わせください